見直しが進んでいる|目的に合わせて滞在期間を選べるマンスリーマンション

目的に合わせて滞在期間を選べるマンスリーマンション

見直しが進んでいる

男性

売れ残りかの見極め

賃貸物件を利用するとき、初期費用が掛かります。敷金、礼金、仲介手数料が必要で、合計で賃料の6箇月分ぐらいになることがあります。敷金は後から戻される保証金的な意味合いになりますが、それでも事前に用意しないといけません。その中で、礼金なし物件を見つけることがあります。賃料の1箇月分ぐらいに相当し、無ければ負担も減ります。安いからと簡単に飛びつくのではなく、なぜ安いかを知っておきましょう。これは不動産会社に聞くとわかることもあります。最近は料金体系の見直しが進んでいて、礼金なしにしている大家さんも多くなっています。一方で、なかなか入居さえれないためになしにしているところもあります。どちらかの確認が必要です。

月によって異なる

賃貸物件を探す人が多くなるのは、3月入居を希望する人です。ですから2月から3月ぐらいに多くなるとされています。この時期が最もピークとされていて、秋口の人事異動時、年始なども多少動きはあります。それ以外の時期は探す人もそれなりになってきます。3月のピークが終わった後などはかなり閑散とすることもあります。閑散としている時期に探したいのが礼金なしの物件です。大家とすれば、できるだけ早く入居してほしいですが、ピーク時に入居が決まらないとしばらく入居されない可能性があります。礼金なしにすることで割安感を出し、住んでもらおうとします。閑散月に行われる措置なので、特に問題がある物件ではありません。探す側からするとお得物件になります。